アーモンドクリームと朝ごはん。 2020年04月17日

新学期が始まりました。今年は長い春休みだったせいか、子供たちは余計に新学期が楽しみだったみたいです。今年の我が家は子供たちの卒業や入学はなかったけれど、新年度というだけでなんとなくソワソワしますね。私自身は生活もそれほど変わらないはずなのに、新しい人や新しい場所、新しいことが少しずつあって、いつもより慌ただしさを感じます。そんな春の朝ごはんは、パンの日が増えます。パンとスープ、そこに果物。忙しい朝の我が家の定番メニュー。そんな日に頼りになるのが、パンに添えるスプレッド。

 

 

朝ごはんに果物を食べるせいか、我が家ではジャムよりもスプレッドを使う方が多いかもしれません。この日はこのアーモンドクリーム。なめらかなバタークリームに粒々のアーモンド入り。

 

 

ほんのりと優しい甘さは、たっぷりと塗っても重くないのです。ふんわり柔らかい食パンやバターロールももちろん合うのだけれど、塩味の効いたバゲットやカンパーニュのようなハード系のパンが特に合うと思うのです。

 

 

だけど我が家の息子はハード系のパンが苦手。固くて食べにくいらしいのです。そんな息子も、こういうスプレッドがある日は別。スプレッドと一緒にしたらハード系のパンもしっかり食べてくれるから不思議。ほんのりと甘いアーモンドクリームがパンの塩気とちょうどよくて、ついたっぷりとのせたくなってしまいます。

もし、思いっきり息子の好みに合わせるなら。
食パンにアーモンドクリームをのせてバナナをサンド。少し厚めの食パンで、バナナもごろんと入れてみる。

 

 

ふんわりパンとバナナをなめらかなアーモンドクリームが程よくつないでくれる。アーモンドバナナサンドと名前を付けようか。

 

 

忙しい朝もアーモンドの栄養をしっかりチャージ。これで新しい春も乗り切れそうです。

 

今回使用した商品はこちら

 

 

<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインストア

nutsberry Online Store

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ