第43回「新型コロナウイルスと抗酸化作用」 2020年05月10日

世界で蔓延している新規コロナウイルス(COVID-19)は約340万人が感染し、約24万人が死亡しています(5月上旬現在)。
この新型コロナウイルスの主な臨床的特徴は急性呼吸窮迫症候群(ARDS)であり、その主要な合併症は急性心損傷です。

最近の臨床報告では、COVID-19感染の治療時間は長期に亘ることが分かっています。
長期間のウイルスに晒されると、一部の免疫細胞、特にマクロファージおよび好中球が多数の活性酸素を生成します。
その結果、ウイルス感染細胞だけでなく肺や心臓の正常な細胞にも障害をもたらします。
従って、COVID-19によって引き起こされる心原性死傷者を軽減するために、抗酸化作用を利用する可能性が示唆されています
(Int J Cardiol. 2020 Apr 6 doi: 10.1016/j.ijcard.2020.04.009)。
この抗酸化作用を実現する方法としては、抗酸化作用を有するビタミン類、すなわちビタミンC(L-Ascorbic Acid)やビタミンE(Tocopherol)が利用できます。
これらビタミン類の還元性水素原子が活性酸素と反応するためです。
そして、ナッツ類のような植物由来成分にも抗酸化効果があります。

ナッツ類にはたくさんのビタミンEが含まれます。
例えば、アーモンドの場合、100g(約100粒)に含まれるビタミンEは31.4mgで、西洋カボチャの3.6倍、ブルーベリーの13.7倍です。
また、ナッツ類にはその薄皮(ナッツを包む焦茶色の薄い皮)にポリフェノールがたくさん含まれます。このポリフェノールは高い抗酸化力を持っています。
ちなみに、ナッツ類の中でクルミが最もポリフェノールを有しています。

世界でCOVID-19が収束するまでにはもう少し時間が掛かりそうですが、過食と運動不足に注意しながら、身体と心を健康に保ちたいものです。

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ