甘辛醤油のアーモンド。 2019年05月08日

つやつやのアーモンド。

水と砂糖をカラメル色になるまで煮詰めたキャラメリゼというのもあるけれど、これは少し違うんです。アーモンドに絡めたのは、水と砂糖とみりんに、プラスお醤油。この香ばしい色は実はお醤油の色でした。

甘いアーモンドのおやつももちろん好きなのだけど、だんだんと夏が近づいて、暑い日が多くなってくると、甘いものよりしょっぱいものが食べたくなるのです。そこでふと思いついたのが、お正月の田作り。ゴマメに甘辛い醤油タレを絡めて作るのだけど、そこにナッツも入れてよく作ります。ナッツ入りの田作りは、ゴマメだけで作るよりも子供ウケがよくて、いろんなお酒にも合うという、子供も大人もうれしいお正月の一品。私はついついナッツばかりつまんでしまうんですけどね。それならいっそのこと、ナッツだけで作ったらどうだろうと、アーモンドで作ってみたのです。これならお正月感もなく、1年中いつでも楽しめる。

つやつやに仕上がったアーモンドには、さらにプラスαのスパイスをふって、より夏仕様に。

七味唐辛子をたっぷりとふりかけた方は、ほうじ茶と一緒におやつタイム。ピリリとした唐辛子の辛味とお醤油の風味は、おせんべいを食べる感覚と似ているのかも。初めて作ったはずなのに、どこか懐かしい気分になる。

もうひとつのガラムマサラをかけた方は、やっぱりビールかな。スパイシーなカレー風味はおやつと言うよりおつまみ。これから暑くなるとスパイシーなものに惹かれてしまうのです。

アーモンドにお醤油。一見ミスマッチに思えた組み合わせなのに、こんなにも合うなんて!やってみないとわからないことって、まだまだたくさんありますね。

今回使った商品

くだもの屋さんの木の実シリーズ 素焼きアーモンド
くだもの屋さんの木の実シリーズ 素焼きアーモンド
Fruit Market Series
Dry Roasted Almond
<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ