プルーンの赤ワイン煮。   2020年08月21日

お酒に弱い私だけど、ワインを使ったデザートは好き。それはきっと、アルコールが飛んでるおかげ。フルーティーなワインの味と香りは好きなのです。ワインゼリーやワインのコンポートなど、夏に美味しいワインのデザートは多い。特に今年はおうち時間も多くなるので、子供たちのことは気にせずに、自分が楽しむものを作るのもいいよね。

いつも紅茶に漬けていたプルーンを、赤ワイン煮にしてみることに。大粒でふっくらしっとり柔らかい種抜きプルーンは、たっぷり800g入り。そのまま食べるだけじゃなく、アレンジもたくさん愉しめる。

 

 

赤ワインと水を1:1の割合で合わせて、砂糖少しとレモンの皮。風味付けにシナモンスティックやクローブも。こういうスパイスがあるとより風味も増して大人っぽくなる。沸騰させて軽くアルコールを飛ばしたら、プルーンを入れて5分程煮る。もともと柔らかいソフトなプルーンだからそれほど煮込まずで大丈夫。ふつふつと煮ていると、甘いプルーンの香りがふわり。そこに甘酸っぱいワインとレモンの香りにスパイスの香りも一緒に加わって、なんとも言えない幸せな気分になるんです。すぐに食べたくなるけれど、一晩おいてしっかり味をなじませないとね。そうしたらこの幸せな香りそのまま味わえる。

 

 

 

バゲットにマスカルポーネをのせて、ワインの風味がしっかりと閉じ込められたプルーンもひとつ。これは朝ごはんというよりも、夜にこっそりと愉しみたい。ゼリーにのせたり、バニラアイスにのせたりしても、大人っぽいおやつになりそう。たまには自分のために作るおやつも、悪くないよね。

 

 

 

今回使用した商品はこちら

<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ