新物クルミ。 2020年11月27日

カテゴリー:

買い物に出かけると、特別な用がなくてもふらっと立ち寄りたくなるのがデパ地下。ここには料理のヒントがたくさんあるのです。普段のスーパーでは売っていないような食材や調味料はもちろん、お惣菜売り場も楽しみのひとつ。季節ごとに変わるメニューで旬を感じたり、意外な組み合わせを発見できたりするし、気になるものは夕ご飯の1品にもできる。そんなデパ地下でクルミを使った気になるメニューをまた発見。そういえば、また今年もクルミの季節がやってきたんだね。

「採れたて生クルミ」も、今の季節になると新物ラベルの付いた今年採れたてのクルミになる。塩もオイルも使っていない生クルミは、名前のとおりしっとりとコクのある採れたてのフレッシュ感。そのまま食べるのはもちろん、料理にも使いやすいんです。

 

 

気になる1つ目は、柿とセロリとクルミのサラダ。これは見たまま、カットした柿とセロリにたっぷりのクルミを大きく砕いて入れて、ドレッシングで和える。

クルミの風味とコクがドレッシングの一部にもなるから、シンプルに塩胡椒、オリーブオイルだけで十分。

 

 

もうひとつがクルミ入りの白和え。ベースの白和えは、我が家で定番のほうれん草とにんじん、こんにゃくの具で。いつもは和え衣にごまを入れるのだけど、そこをクルミにして。

 

 

細かく砕いたものだけじゃなく、大きめに砕いて白和えの具にも。ほんのり甘い豆腐の和え衣にクルミがいいアクセントになった。

 

 

こうしてみると、クルミは和洋どちらの料理にも使いやすい万能ナッツ。新物が出回る新鮮でおいしい今だからこそ、いろんな料理に入れてみたくなります。

 

                 使用した商品はこちら

<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nuts berry Online Store

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nuts berry Online Store

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ