バレンタインのあとは、ロカボクッキー。 2018年02月15日

最近のバレンタイン。女の子は友チョコに忙しい。
我が家の娘も同じくで。友チョコが年々増えてきているところ。3連休はチョコ、チョコ、チョコ! の毎日。
作るとなると当然味見もしないといけないから、かなりの量を食べていたような。。。バレンタインのあとは、おやつも少し控えようとも思うのだけど、やっぱり何か食べたくなる。そこを食べずに我慢するのは寂しいのです。

そういう時はおやつの“質”に気をつける。おやつを食べるとすぐにカロリーも糖質もオーバーしがちだから、低糖質なおやつを選ぶ。
もともと低糖質なナッツを沢山使ったロカボクッキーなら、小麦粉も抑えられて美味しくて低糖質。アーモンドがぎっしり入っているおかげで、風味も豊でリッチな味わい。これを1袋10枚食べても、ちょうど1日の間食の糖質量。個包装にもなっているから、食べすぎ予防にもなるところもうれしいね。

このロカボクッキーをそのままおやつにしようと思ったけれど、そういえば娘のお手伝いばかりで、私はまだ何も作ってなかったことに気が付く。ちょうど、ロカボクッキーはココア味。バレンタイン気分にもなれそう!早速、娘の友チョコ作りで中途半端に残ったチョコレートも1カケ2カケ準備。

チョコレートを電子レンジで溶かしたら、少しだけコーティング。上から刻んだチョコレートもパラリ。使っているチョコレートの量はほんのわずかで済むけど、かわいらしくなったクッキーはバレンタイン用としてもいいよね。

沢山チョコレートを食べてしまった後だからこそ、体想いのバレンタイン。
ココア味のロカボクッキーのおかげで、少しのチョコレートでも愉しめました。

今回使った商品

ロカボクッキー味わいカカオ
ロカボクッキー味わいカカオ
Lo-Ca-Bo Cookies Cacao Flavor
<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ