アーモンドパセリソースのポークソテー。 2017年06月01日

父の日は、難しい。

ポークソテーテーブル2_mini (1)

母の日のカーネーションほどの定番な贈り物がないというところが一番の原因。
毎年父の日はどうしようか悩むのです。私の“父”へも悩むけれど、子供たちの父の日もある。

娘は買い物の時に「父の日はステーキ!」という広告を見て以来、すっかりそれがインプット。母の日のカーネーションのように、父の日のステーキもすっかり定着している様子。

今年も去年と同じようにステーキを焼くのかな??
だけど毎年同じというのもなんだかつまらない。
今年はソースにひと手間加えてみるのはどうだろう。父の日を前に、ちょっと試しに作ってみようかな。。

そういえば、5月に入ってから他のどのハーブよりも一番に元気に育ってきたお庭のパセリ。6月に入ってさらに勢いを増している。
パセリはいつも脇役的存在で、ちょっとお料理に添えるばかりだったけれど、そろそろ大量消費をしないと間に合わない。
ステーキに添えるだけじゃなくて、たっぷり使って“パセリソース“もいいかもね。

パセリソース作り_mini (1)

早速お庭からパセリを摘んできて、包丁でみじん切りに。ふんわりと香るパセリが爽やか!

でも、パセリだけではちょっと寂しいかもね。風味付けのニンニクはきっと必要だし、他には粉チーズも合いそうだけど、チーズはたっぷりお肉に入れたい!

そこでふと思いついたのがアーモンド。香ばしさとカリッとした食感はきっとここに似合いそう。
そう考えたら、だんだんワクワクしてくる。
こういう時の直感はアタリだと信じたいけれど、できあがるまではやっぱりドキドキしてしまう。

ホールのアーモンドは包丁で潰して砕く。大きな欠片と小さな欠片、どっちもそれぞれあった方がいい雰囲気。オリーブオイルでニンニクをじっくり炒めたら、パセリとアーモンドは手早く混ぜて風味よく。チーズをはさんでこんがりソテーしたお肉にじゃっとかけたら、パセリのグリーンが初夏らしいポークソテーのできあがり。

ポークソテー_mini (1)

予行練習につき、ポークソテーにしたけれど、これはこれでかなりいい雰囲気。
とろりととろけるたっぷりのチーズにパセリの香りと香ばしいアーモンドがぴったり。“アタリ”でよかった!
だけど娘は、父の日には牛肉にこだわりそうな気もするな。。。あとは当日。何を作るかは子供たちにお任せでね。

今回使った商品

くだもの屋さんの木の実シリーズ 素焼きアーモンド
くだもの屋さんの木の実シリーズ 素焼きアーモンド
Fruit Market Series
Dry Roasted Almond
<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry online shop

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ