ロカボナッツ和風だし。 2021年05月14日

ナッツには甘い味付けが似合うと思っていました。というよりも、甘い味付けのナッツしか食べたことがなかっただけなのかもしれません。なので初めてロカボナッツの和風だしを見た時の驚きが大きかったこと。洋風なナッツにかつお節なんて!この組み合わせは想像したことがなかったのです。でも食べてみればその相性の良さに納得。

 

 

 
ここで使われている和風だしは、かつおの削り節やだしを300年製造販売している老舗“にんべん”のだしを使っている本格派。お出汁自体のおいしさはまず間違いないもの。

普段の料理も、“お出汁”を使うことで味付けを濃くすることなく風味や旨味がまして満足感も得られる仕上がりになるけれど、これはナッツも同じでした。もともとロカボナッツは塩やオイルは不使用のミックスナッツ。低糖質であることはもちろん、ナッツ本来の味わいに加え、だしの旨味もたのしめる。

 

 

私はよくおやつとしてナッツを食べるのですが、これは食事の時にもいい。時間のない朝には手軽に食べられるし、砕いてサラダにトッピングするのも楽しそう。それにお酒のおつまみにもぴったりですね。

 

 

 
いつもと雰囲気が少し違う和風テイストのパッケージも、手に取ってみると質感も違うことに気が付きます。その理由は外装に紙包材を使用しているから。レジ袋やコーヒーカップ、ストローなどいろいろな場面でプラスチックごみ削減の取り組みを見かけますが、ここでも発見。こうして自分が普段食べたり使ったりしているものが変わっていくと、より身近な問題に感じますね。

 

 

ご購入はこちらから。

 

<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nuts berry Online Store

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nuts berry Online Store

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ