クルミの愉しみ 2022年02月01日

 

 

毎日の暮らしに、あるとちょっとうれしいものはいろいろあるけれど、そのうちのひとつがナッツ。ナッツ好きな私は、常に何かナッツを常備しています。特に今の季節の愉しみは、新物のクルミ。この真っ赤なパッケージが目印のプレミアムな商品『採れたて生クルミ』は、産地のカリフォルニアで旬の時期に収穫した採れたてのクルミを殻割り直後にすぐにパックしたもので、農園でしか味わえないような新鮮な採れたての風味を愉しめます。数量限定の今だけの“新物“は、冬の間の私のひそかな楽しみでもあります。塩もオイルも使っていないそのままの生クルミは、とっても甘さがあってくるみ本来の味を一番楽しめる気がします。

 

 

そんなクルミは、毎日のご飯作りにも。
朝ごはんのサラダの仕上げに砕いたクルミを入れるだけで、お店のサラダにぐんと近づく。トーストにバターとメープルシロップの定番の組み合わせに、クルミをプラスすると美味しくて栄養価もアップ。忙しい朝の強い味方です。たまに作る自家製パンに、クルミを混ぜ込むのも子供たちも大好き。レーズンとクルミのパンが特に人気です。

 

 

そのまま食べるだけでもしっかりおやつになるけれど、時々甘いおやつが食べたくなった時は砂糖でコーティングします。フライパンにクルミの半量ほどの量の砂糖と、水を少し入れて火にかけて、砂糖が溶けてシュワシュワと泡立ってきたらクルミを入れます。そのまま混ぜながら火にかけていくと一度溶けた砂糖がだんだん白く固まってくるのです。私はいつもきび砂糖で作るのでほんのり茶色くなっています。グラニュー糖でももちろんいいし、黒糖で作るのも好き。これだけでも十分だけど、体にうれしいもうひと手間。熱いうちにきなこをまぶすのも好き。冷凍庫にまだ残っているお正月のきなこの消費にもぴったりだったりします。

寒い冬はこのきなこクルミでおやつの時間というのが多くなりますね。

 

今回使用した商品はこちら
商品の購入はこちら

 

 
<   >

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry Online Store

最新の記事

記事ライター

栁川かおり 医師/料理家

2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

栁川かおりの記事はこちら

高橋 善郎 料理家/トライアスリート

和食料理人である父の影響により、幼少から実家店舗で料理の基礎を学び、現在も料理家の仕事と両立して和食料理店に立ち腕をふるう。食に関する9つの資格を有しており、企業のレシピ開発やTVなどのメディアでも活躍中。トライアスロンの国内大会では年代別優勝するほどの実力で「食✕スポーツ」の普及活動も精力的に行っている。

高橋 善郎の記事はこちら

カテゴリ

過去の記事

Ambassadors Movies - アンバサダー 動画

洋菓子への飽くなき探求を続け、日本のみならず世界で挑むパティシエの駒居崇宏さんを応援します。

世界に挑み続けるプロテニスプレーヤーの鮎川真奈選手を応援します。

世界中の「おいしい」を届ける
ドライフルーツとナッツの
オンラインショップ

nutsberry Online Store

デルタインターナショナルは
ロカボな食生活を応援します

ロカボサイトへ

お取引様専用カタログ

コンシューマーカタログ

ダウンロード

業務用原料カタログ

ダウンロード